auckland-5213705_1280.jpg

オークランド

Robert KozakによるPixabayからの画像 

 

from Japan

主要都市発
東京photo0000-2587.jpg
東京発
From Tokyo
大阪photo0000-2120.jpg
大阪発
From Osaka
名古屋photo0000-5362.jpg
名古屋発From Nagoya
 
 
各都市情報
bnr_christchurch.jpg
bnr_queenstown.jpg

一般情報

ニュージーランドの人口の約3分の1、約147万人の人口を持つ国内最大の都市オークランド。シティー・オブ・セールズという名の通り、ワイテマタとマヌカウの2つの湾に挟まれた港町で、マリンスポーツが大変盛んです。市中心部では、移民の多い国らしく国際色豊かな食や、おしゃれなブティックなどで買い物が楽しめる上、車で30分も郊外に走ると豊かな自然や、牧場風景をのんびりと楽しむこともできます。

気候・服装

オークランドの気候は変化に富んでいますが、比較的温暖で、冬でも雪は降ることはありません。ただし、一日の気温、天気の変化が激しく、一日の中で四季があると言われています。晴れている日でも、突然雨が降り出すことも多いですので、折り畳み傘の常時携帯をおすすめします。
 

夏は、日中は半袖で十分な日がほとんどですが、朝晩は長袖の服が必要ほど肌寒いこともあります。春・秋は、カーディガン・ジャケットなど上に羽織るものを、冬はコートが必要となります。ほとんどの場所では、カジュアルな格好で問題ありませんが、レストランなどへお出かけの際は、場所によっては、ジーパン、短パン、スニーカーなどでのご利用は出来るだけご遠慮下さい。


通年を通して、気を付けたいのが、紫外線の強さです。夏の日差しで紫外線が日本の7倍もあり、曇っている日でも1日外出していると、赤く日焼けしてしまうほどです。外出時には日焼け止め、帽子、サングラスなどを用意することをおすすめいたします。また、十分な水分も取るよう心がけてください。

 

市内の交通

オークランドでは、バス、電車、フェリーの交通機関がありますが、電車が日本ほど発達しておらず、バスが一番便利な移動手段です。運賃の支払いは現金でも可能ですが、長期滞在や旅行中に頻繁に公共交通機関を利用する場合は、バス、電車、フェリーいずれの支払いにも利用できる「AT HOPカード」と呼ばれるチャージ式のカードを利用すると便利です。

市内バス

 

鉄道の発達していないオークランドで重要な市民の足として活躍している公共の交通機関。市内から郊外まで網の目のようにほとんどのエリアをカバーしています。

 

但し、主要な場所を除いてバス停に時刻表がついていなかったり、路線によっては、1時間に1本しかない場合もあるので、利用する際には路線図と時刻表をあらかじめ手に入れることをおすすめします。料金は、ゾーンと呼ばれる区間ごとに決まっており、観光に便利な1日乗車券などもあります。

 

路線、時刻・料金が確認できるサイト(英語):http://at.govt.nz/bus-train-ferry/
 

 

市内バス リンクバス/The Link Bus

 

市内の中心部と近郊を巡る巡回バス。市の中心部を回るCityLink、パーネル、ニューマーケット、ポンソンビー、オークランド博物館などの観光スポットを含む市の中心部とその周辺を回るInner Link、マウントイーデン、セントリュークスショッピングセンターなど市の中心から少し離れたエリアを巡るOuterLink の3つがあります。

 

路線、時刻・料金が確認できるサイト(英語):https://at.govt.nz/bus-train-ferry/bus-services/link-bus-service/

電車

 

市内の中心にあるブリットマート駅を基点に、東線・西線・南線・オネフンガ線の4つの路線が走っています。

路線、時刻・料金が確認できるサイト(英語):https://at.govt.nz/bus-train-ferry/train-services/

フェリー フラーズ/Fullers

 

周囲を海に囲まれたオークランドらしい、市民の足。対岸のノースショア市からの通勤・通学の手段として利用されています。デヴォンポートにお出かけの際にはぜひご利用ください。

 

路線、時刻・料金が確認できるサイト(英語):http://www.fullers.co.nz/

 

オークランド と 周辺のおすすめスポット